抜けがが増える理由

どうして薄毛になってしまうのか

薄毛になってしまう理由として考えられるのは、ヘアサイクルの乱れだと思います。
基本的に髪の毛というものは、生え始めのころはとても柔らかい状態で、徐々に硬くなっていくのが通常です。
しかし、ヘアサイクルが乱れてしまうと髪の毛が成長する前に抜け落ちます。

 

これは乱れによって周期が短くなったことが大きな原因と言われています。
髪の毛が十分に成長することができないと、細い髪ばかりになってしまい、
産毛のような髪しか育たなくなってしまいます。

 

これが薄毛になってしまう状態で、まったくコシが感じられずに短く細い抜け毛が多くなったという人は要注意だと思います。
確実にヘアサイクルの乱れが原因だと思うので、すぐに頭皮環境を改善する必要があります。
急激にハゲてしまうことはまず考えられませんが、ヘアサイクルが乱れた状態が継続すると薄毛からハゲへと悪化していくのは確かだと思います。

 

薄毛を改善するためには血流の改善と栄養素が鍵

 

ヘアサイクルの乱れを改善するためには、頭皮に栄養を十分に届けることが不可欠です。
そのためには栄養を運んでくれる血流が正常であることが最低条件となります。
髪の毛を作っているのは紛れもない毛母細胞です。

 

ここに十分な栄養素が届かないと髪の毛は自然とやせ細り、抜けやすくなってしまいます。
普段の食事だけでは栄養をしっかりと届けることができないこともあるので、
直接頭皮にポリピュアなどの育毛剤を使用するのがとても有効です。

 

また、ヘアサイクルの乱れの原因はさまざまで、ストレスが影響することもあれば、
ホルモンの関係で乱れてしまうこともあるようです。
たくさんの要因が重なりあっている可能性もあるので、まずは頭皮の改善からはじめるべきだと思います。

 

ポリピュアで有効成分を届けて、髪をイキイキさせましょう。