抜け毛の原因は乾燥肌

頭皮が乾燥すると薄毛になりやすい

頭皮が乾燥すると薄毛になりやすいと言われています。
その原因は間違ったシャンプーにあるかもしれません。
あまりに洗浄力が強いシャンプーを使用すると、水分と油分の両方がキレイに洗い流されてしまう危険性があります。

 

また、薄毛になるのを避けようと洗い過ぎてしまうことも頭皮が乾燥してしまう原因です。
頭皮は乾燥してしまうと、細菌が頭皮に侵入しやすくなります。
これによって、かゆみや炎症が起きやすくなり頭皮環境が悪化していきます。

 

乾燥が進むとフケが増えるので、さらにかゆみや炎症が強くなると言われています。
つまり、「乾燥=頭皮が不健康になる」という考えは間違っていません。
乾燥によってヘアサイクルが乱れていき、薄毛が進行してします。

 

乾燥によって毛根の炎症が進行してしまうと、早いサイクルで抜け毛が増えるようになり、
やがて薄毛になってしまうケースは少なくないようです。
そのため、頭皮が乾燥することはもっとも恐ろしいことだと考えたほうがいいと思います。

 

シャンプーの使用に注意しながら、頭皮環境が悪化しないようにポリピュアを使用しましょう。
間違ったシャンプーをしていると、育毛剤の効果が半減する可能性もあるので注意したほうがいいですね。

 

洗いすぎには注意しよう

 

シャンプーで洗い過ぎている人は、頭皮が乾燥しているかもしれません。
頭皮を過剰なまでに洗い過ぎてしまうと、必要な皮脂と水分がなくなります。
特に1日に何度もシャンプーするという人は注意したほうがいいですね。

 

頭皮は皮脂によって守られているので、皮脂がまったくなくなると頭皮トラブルは増します。
皮脂は膜を作って頭皮を安全にしていますし、必要な水分が蒸発しないように調整しています。
つまり、皮脂がなくなってしまうと無防備状態になり、頭皮環境が悪化して当たり前というわけです。

 

ちなみに頭皮の皮脂バランスが通常に戻るまでにかかる時間は24時間と言われています。
すぐに皮脂を取り戻すことはできませんので、シャンプーのしすぎは注意しましょう。
基本的に1日1回でシャンプーはいいと言われています。

 

夏場は汗をかくので1日2回でも問題ないと思いますが、それ以外の季節は夜にシャンプーをするだけで十分だと思います。