発毛剤を使う場合は副作用に注意

育毛剤と発毛剤は実際にどう違う?

ポリピュアは育毛剤となるわけですけれど、それとはべつに、発毛剤というのもあるわけです。
育毛剤と発毛剤とはどう違うのか、ちょっと考えてしまうところもありますよね。

 

育毛剤と発毛剤の違い

 

育毛剤は、基本的に今ある髪の毛を抜けないようにし、成長させることを目的としているといえると思います。
ポリピュアの場合なら、発毛指令が弱くなってしまっているから、それをバイオポリリン酸により強化して、毛乳頭が丈夫な髪を作れるようにしていこうとするわけですよね。

 

それに対して発毛剤は、新しく生える髪の毛に影響をおよぼすものだといえるのかと思います。
まったく髪の毛がなくなってしまっても、そこから新たに髪を発毛させることができるのが、発毛剤ということになるのでしょう。

 

発毛剤は副作用の心配などがある

 

ただ発毛剤は、誰でもが安心して使えるとはいえないものが多いのが、私があまり発毛剤を使いたくない理由なんです。
まず副作用があるんですよね、発毛剤の場合には。

 

男性機能が低下したり、強烈なかゆみが襲ったりなどの副作用が出る場合もあるのだとか。
また女性が飲んでしまうと、生まれてくる赤ちゃんに悪影響をおよぼすものもあるのだそうです。
さらに発毛剤は医薬品ですから、薬局で気軽に買うわけにも行きません。

 

そのように安全性や利便性を考えると、やはりポリピュアのように、きちんと効果のある育毛剤を使うのがいいのかなと私は思っているんですね。