薬用ポリピュアEXで頭頂部の薄毛は解消できるのか?

ポリピュアは頭頂部の薄毛(つむじハゲ)に効果あるのか?

ポリピュアEXの頭頂部の薄毛への効果

ポリピュアは頭頂部の薄毛(つむじハゲ)に効果あるのか?

 

頭部のてっぺんの部分、所謂頭頂部は、
薄毛や脱毛が起こりやすい部位の1つです。

 

ポリピュアEXは、
頭頂部の薄毛に効果があるのでしょうか。詳しく解説致します。

 

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症(AGA)の始まり

頭頂部の薄毛の進行は、男性型脱毛症(AGA)にしばしば見られる症状の1つです。手が届きにくく十分に洗えない為、脱毛が進行すると言われることがありますが、それだけではありません。AGAの進行には、ホルモンの働きが密接に関係しています。

 

男性型脱毛症(AGA)の進行のメカニズム

頭皮の血流の状態が悪くなると、
髪を育てる毛母・毛乳頭細胞が十分に栄養を
吸収できなくなるために脱毛が進行することがあります。
さらに薄毛や脱毛を進行させる原因の1つにホルモンの働きがあります。

 

男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素と結び付くと、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンを新たに生成します。頭皮中にDHTが多くなると、毛乳頭から髪が脱落してしまい、徐々に薄毛が進行します。つまりAGAが進行している人の多くは、頭皮中に過剰にDHTが生成されている状態に陥っています。5αリダクターゼは、頭部に均等に存在しているわけではなく、頭頂部や、前髪の生え際の毛乳頭付近に多く存在していることがわかっています。そのためAGAは、頭頂部や前髪から進行するわけです。

 

DHTの働きによって、成長途中の髪が脱落してしまうと、正常なヘアサイクルが崩れてしまいます。通常毛乳頭は、髪を育てる成長期から後退期に入り、やがて休眠し、そして新たな髪を再生するというヘアサイクルを数年単位で繰り返します。AGAが進行すると、毛乳頭が髪を健やかに育てることができなくなるばかりか、未成熟な髪が脱落してしまうため、髪の分量そのものが少なくなり、新たな髪を再生させる力が衰え、終いには毛乳頭細胞そのものが死滅してしまうことになります。これが薄毛、脱毛のメカニズムです。

 

頭頂部の薄毛にも効果を発揮するポリピュアEX

 

ポリピュアEXは、頭頂部の薄毛にもその効果を発揮します。

 

まず主成分である保湿用酵母の一種であるバイオポリリン酸は、
FGFと呼ばれる繊維芽細胞増殖因子が毛乳頭で活発に働くように作用します。

 

FGFは、タンパク質の一種で、毛乳頭が髪を再生させるための牽引役になります。
FGFは本来毛乳頭内でその働きが安定しにくい性質がありますが、
バイオポリリン酸の働きによって、毛乳頭の細胞の分裂を促すことができるようになります。

 

ポリピュアのその他の育毛成分

さらに、独自配合のバイオパップスという成分は、ヘアサイクルの中で主に髪を育てるために重要になる成長期を長くし、維持するという働きがあります。バイオポリリン酸とバイオパップスの働きにより、毛乳頭は正常に髪を育成するヘアサイクルを取り戻し、健康で健やかな髪を育てることができるようになるわけです。

 

一方で、生育中の髪を脱落させてしまうジヒドロテストステロン(DHT)が大量に生成されないように機能するのが、ポリピュアEXに含まれるヒオウギエキスという成分です。ヒオウギエキスは、5αリダクターゼ還元酵素の働きを阻害する効果があるため、DHTの生成を防ぐことができます。5αリダクターゼ還元酵素の阻害は、現在AGAの治療の主流であり、フィナステリドを主成分とするプロペシアなどの医薬品にもみられる効果です。ポリピュアEXでは、これに加え、5αリダクターゼ還元酵素の働きを阻害する効果を持つチョウジエキスも配合していますので、その効果はさらに増強されています。

 

また血管を拡張し、毛母・毛乳頭細胞に栄養を行き渡らせ、育毛を促進するために、リンドウ科のセンブリから抽出したセンブリエキスや、チョウセンニンジンから抽出したニンジン抽出液を配合しています。血流の増大は、栄養分の吸収に直接つながりますので、バイオポリリン酸やバイオパップスによって細胞分裂が活発化した毛乳頭細胞のさらなる健全化と、育毛に繋がります。

 

ポリピュアに期待できる3つの育毛作用

ポリピュアEXには、

 

  1. 毛乳頭細胞の活発化
  2. 血管拡張による血流増大
  3. 5αリダクターゼの働きの阻害によるDHT生成の防止

 

というAGAの治療の攻めの機能を3つ同時に併せ持つ優れた育毛剤ということです。血管拡張を促すミノキシジルや、5αリダクターゼを阻害するフィナステリドが、大きな副作用を伴う可能性があるのに比べ、医薬部外品のポリピュアEXは副作用の心配は殆どありません。

 

そして、ポリピュアEXには、正常な髪の育成を補助する成分も多く含まれています。例えば、ビタミンB群の一種のパントテニルエチルエーテルや1,3-ブチレングリコールは保湿を促し、レイシエキスは消炎効果をもたらし、クワ科植物のホップから抽出したホップエキスには抗菌作用などがあります。

 

育毛対策で必要となる機能、効果を複合的に併せ持つため、ポリピュアEXは多くの人の支持を受けています。また頭頂部等、部位を問わずに効果を発揮できるのが、ポリピュアEXの強みでもあります。ポリピュアEXの成分効果を理解しながら、頭頂部の気になる薄毛に使用していきましょう。

 

結論・まとめ

ポリピュアEXは、頭頂部の薄毛にも優れた効果を発揮することができます。主成分のバイオポリリン酸を始めポリピュアEXの成分は、散布する場所によって効果が変わるものではありません。薄毛が気になる部分に積極的に使用しましょう。

トップへ戻る