ポリピュアは医薬品と化粧品の中間に位置する育毛剤

ポリピュアは厚生労働省に認定された医薬部外品

ポリピュアは医薬部外品となっています。
医薬部外品は、ただの化粧品とは異なり、それなりの効果が期待できるということのようなんです。

 

 

医薬部外品は厚生労働省の許可が必要

 

医薬部外品は、治療目的で使う医薬品と、美容目的で使う化粧品との中間に位置するものなのだそうです。

 

育毛剤を医薬部外品として販売するとなると、まず厚生労働省が「育毛に効果がある」と認めている成分をきちんと配合しなければいけないわけです。
その上で、その成分を配合したことを厚生労働省に申請し、許可を得た上でその商品を販売できることになるわけです。

 

厚生労働省が「効果がある」と認定しているわけですから、医薬部外品は化粧品より、やはり効果が期待できるといえるのではないかと思うんですね。
もちろん厚生労働省が認定したものだけが育毛に効果があるということではないかもしれませんが、でも医薬部外品であったほうが、ないよりは効果があるといえるのではないかと思います。

 

 

医薬部外品だから効果効能をうたえる

 

ポリピュアは、公式ホームページにも「効果効能」として、

 

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

 

と書いています。
これは医薬部外品だからできることなんですね。

 

厚生労働省が認める有効成分が含まれていない化粧品には、ここまでの効能をうたうことはできないそうです。
育毛や薄毛、脱毛の予防に効果があるということは、厚生労働省が認めているということなんですね。

 

 

バイオポリリン酸は特許成分

 

ただポリピュアが特許を取得した独自成分であるバイオポリリン酸は、厚生労働省の指定する有効成分には含まれていないとのことです。
バイオポリリン酸の効果を、まだ厚生労働省は認めていないということなんですね。

 

でもバイオポリリン酸については、特許やモンドセレクションの金賞を受賞しているのですから、効果は十分認められているということになるのではないかと思います。